誤記/誤植情報

近畿の高校入試シリーズ

近畿の高校入試 理科

本文

●14ページ8行目 [1.光と音・力 §2.力と圧力 標準問題 大問4]

(誤) 質量185g,体積500cm3の直方体の物体

(正) 質量650g,体積500cm3の直方体の物体

解答解説

●5ページ右段[1.光と音・力 §2.力と圧力 標準問題 大問4]

(1)(2)(4)(6)(7)について,以下の内容に変更願います。(太字の部分が変更箇所となっております。)

(1) 1(N)×650(g)/100(g)=6.5(N)

(2) 650(g)/500(cm3)=1.3(g/cm3

(4) 物体が水から受ける浮力の大きさは,直方体の物体の重さとばねにはたらいた力の大きさの差になる。(1)より,直方体の物体の重さは6.5N。(3)より,ばねにはたらいた力の大きさは1.5N。よって,物体が水から受ける浮力の大きさは,6.5(N)-1.5(N)=5(N)

(6) (4)より,物体が水から受ける浮力の大きさは5N。(5)より,物体の下面が水から受けるの大きさは5N。よって,物体の上面が水から受ける力の大きさは,5(N)-5(N)=0(N)

(7) ばねの伸びは1cmなので,ばねにはたらいた力の大きさは,1(N)×1(cm)/5(cm)=0.2(N) したがって,物体がばねから受ける力の大きさは0.2N。物体から容器の底にはたらく力の大きさは,物体の重さから物体にはたらく浮力と物体がばねから受ける力を除いた分なので,6.5(N)-5(N)-0.2(N)=1.3(N) よって,容器の底が物体を上向きにおす力の大きさは1.3N。

●6ページ左段 8~10行目[1.光と音・力 §2.力と圧力 標準問題 大問4]

(1)(2)(4)(6)について,以下の内容に変更願います。

(1) 6.5(N) (2) 1.3(g/cm3) (4) 5(N) (6) 0(N)

●27ページ右段 下から7行目[4.身の回りの物質 §2.水溶液の性質 大問5の(4)]

(誤) 塩酸にアルミニウムを加えると水素が発生する。

(正) 水酸化ナトリウム水溶液にアルミニウムを加えると水素が発生する。