06-6704-9535

中高入試の赤本データベースからオリジナル問題集をらくらく作成!

こんなに便利!

機能紹介

的確な問題選択
教科ごとに、単元や出題年度・難易度の絞り込みが可能なので、的確な問題選択が行えます。
小問単位OK
単元によっては 小問単位でも問題選択が行えます。
※算数・数学・英語
オリジナルロゴ
プリントには、貴塾のロゴマークを入れる事ができます。
  • 赤本のデータベース11万問以上から赤本のデータベース
    11万問以上から
  • 問題を絞り込んで選択問題を絞り込んで選択
  • プリンターで印刷プリンターで印刷
  • 完成!完成!
簡単操作
特別な操作は不要!
必要なものは インターネットに接続できるパソコンとプリンターのみ。
※ブラウザはGoogle Chromeをお使いください
110,000問以上のデータベース!
  • 無料体験版はこちらから
  • 月額料金・詳しい内容はこちらから
収録校 中学入試:関西・愛知・関東の有名校 約170校
高校入試:全国の公立校*+国立高専+関西・九州 約240校 *宮城県を除く
収録年度 最大6年分(直近の5年+最新年度も随時追加)
収録教科 中学入試:算数・国語・社会・理科・適性検査
高校入試:数学・英語・国語・社会・理科
※国語は著作権の関係上,読解の問題は収録していません。

たった3ステップ!

使い方

  • ログイン
    ログイン・単元選択
    パソコンから
    インターネットにアクセスするだけ
  • 問題選択
    問題選択
    ドラック&ドロップで
    問題を選択
  • プリンターで印刷
    プリンターで印刷
    もう完成!
    問題と同時に解答・解説も自動作成。
無料体験版はこちらから

こんなお悩みありませんか?

先生のお悩み解決します!

  • 既存の教材だけでは
    生徒の多様なニーズに対応しきれない…

  • プリント教材を作るのは
    手間も時間もかかって大変…

  • 単元ごとの補助教材を
    手軽に作りたい…

無料体験版はこちらから

ここが便利!「KAWASEMI Lite」

ご利用会員様のお声

辻本 学 様
その時々の「今ほしい教材」を自由に!

京都市 つじもと個別
辻本 学 様
講師1名に対して、生徒は最高2名までの徹底した「個別指導」を行っています。対象は小1から高3まで。一人ひとりの生徒ごとに、また時期ごとに、「ほしい教材」は様々。そんな当塾には、状況に応じて活用できる「KAWASEMI Lite」が欠かせません。

辻本先生流KAWASEMI Lite活用法とは?
詳しくはこちら>>

宮川 宗平 様
「結果を出すこと」に特化した私たちのオリジナル教材!
東京都 大塚ゼミナール
宮川 宗平 様
「結果を出す」には、一人ひとりに対応した課題設定と志望校に合わせた問題演習が必要です。以前は、複数の問題集から必要な問題とそうでないものを手作業で選り分けていましたが、「KAWASEMI Lite」の導入で作業時間を削減、演習の質も向上しました。

大塚ゼミナール流KAWASEMI Lite活用法とは?
詳しくはこちら>>
石田 様
基本問題から発展問題まで短時間で!

吹田市 個別指導塾Basic
石田 雅彦 様
「KAWASEMI Lite」の操作は非常に容易で、短時間で問題プリントの作成が可能。作成問題数に上限がないほか、問題を難易度別に選択できる機能があり、さらに、プリントに塾のロゴを入れオリジナル感を出すこともできます。


石田先生流KAWASEMI Lite活用法とは?
詳しくはこちら>>

無料体験版はこちらから

受験対策、定期テスト対策、特別講座など、状況に合わせた活用

京都府京都市 つじもと個別 辻本 学 様


京都府京都市で小1~高3までを対象にした個別指導塾のつじもと個別の辻本学です。
形態は講師1名に対して最高2名までの指導です。
当塾は2014年に開校しておりますが、2014年夏から「KAWASEMI Lite」を活用しています。「KAWASEMI Lite」は入試問題(過去問)ですが、受験対策を行う時期(一般的に12月~3月)以外でも当塾では活用しております。
高校受験生が多い塾でして、主に中学生を対象に活用しております。
活用目的は大きく以下の4点です。
 1.入試対策
 2.特別講座(受験対策・受験準備)
 3.定期テスト対策
 4.入試問題研究

1.入試対策
◆使用目的:入試対策の類題として活用
◆使用時期:12月~3月
◆対象学年:中3
◆使用教科:英語、数学、理科、社会
◆使用例:
・英語:私立高校入試のパターン別問題の類題(整序問題、語形変化、同意文完成など)
・数学:私立高校入試パターン別問題の類題、公立高校入試問題のパターン別の類題
◆作成時に気にかけていること:
・難易度
・重複を避けること(=赤本にはない過年度問題を使用)
 ※2018年度の過去問の場合、赤本収録は2017、2016、2015、2014、2013となるので、2012の問題を主に使用するということです。
・別の高校のものを使用すること
・なるべく同じパターンの問題にすること
◆備考:
一般的には赤本を解き、わからないところなどの解説をすると思います。
そこで解説して、指導する側がわからせたつもりになったり、子ども自身がわかったつもりになってしまうとよくありません。そこで類題として同じような問題を解かせ、自信をつけてもらったり、同じパターンの類題を何問もさせることで問題に慣れさせ、入試当日に出題されても臆せずに取り組めるようになってもらうことを意図しています。

2.特別講座(受験対策・受験準備)
年によりますが、英語、理科、社会を中3受験生の特別講座(集団形式)として過去に使用しておりました。※主な使用時期:年によって変わりますが、過去には以下の時期に実施しております。
◆使用目的:
1.今やっていることが受験で出るんだと認識させることによって目の前の学習に集中してもらうため。
2.今やっていることができれば入試問題も解けるんだと自信を持たせるため。
3.既習単元の復習が重要だと気づいてもらうため。
◆使用時期:
中2 1月~3月、中3 4月~7月、中3 9月~11月、中3夏期講習、中3冬期講習、中3 1月~3月
◆対象学年:中2、中3
◆使用教科:英語、理科、社会、漢字(今後は古文も活用予定)
◆使用例:
・夏期講習期間:中3暗記特訓の仕上げ問題
・冬期講習期間:中3受験校別に必要な学習単元の類題演習
・中3の9月~11月:受験対策講座
・中3の1月~3月:受験対策講座
◆作成時に気にかけていること
・なるべく同じパターンの問題にすること
・難易度順に構成すること
・使用年度(特別講座の実施時期によって異なる)

3.定期テスト対策
◆使用目的:一部生徒のテスト対策の最後の仕上げ
◆使用時期:定期テスト時期(5月、6月、9月、10月、11月、2月)
◆使用教科:数学、社会、理科
◆対象学年:中1~中3
◆備考:
当塾の地元中学は定期テストの難易度が高い学校があり、準拠ワークだけで対策できない場合があります。そこで、学校のワーク・教科書レベル問題ができている子に教材を作成して取り組ませています。

4.入試問題研究
◆使用目的:入試問題研究、講師の勉強会のネタ
◆使用時期:随時
◆使用教科:英語、数学、理科、社会
◆備考:
1~3の内容の結果として4になります。講師研修の模擬授業用に使用する場合もあります。

KAWASEMI Liteを使って-問題演習の質向上と,講師の業務量削減-

大塚ゼミナール 塾長  宮川 宗平


 私ども『大塚ゼミナール(運営元:株式会社大塚進学企画)』では,『結果を出すこと』に特化した個別指導を展開しております。『結果を出すこと』に特化した個別指導を掲げるがゆえに,「生徒1人1人に対応した課題設定」と「志望校に合わせた問題演習」が,私たちの最も必要とするものでした。
 KAWASEMI Lite導入前は,生徒の皆さまに複数の問題集を購入いただき,問題集の1問1問を確認しながら,演習に必要な問題と不必要な問題に分ける作業を実施していました。このことにより,生徒の皆さまからは余剰なテキスト代の徴収が必要となり,講師にとっては業務量の増加といった問題を引き起こしておりました。そんなとき,英俊社のKAWASEMI Liteの存在を知り,早速そのシステムを導入することとしました。
 導入して最初に実感したこと。それは,操作画面の利便性です。例えば,演習時期によっては学習単元に制限があることがあり,場合によってはそのまま演習することが難しいことがあります。KAWASEMI Liteでは事前に単元を絞り込むことができるため,プリント作成にかかる手間が半減以下になりました。そのため,今まで講師ごとに行っていた問題管理が,各教科主幹講師が専任で担当することが可能になり,演習の質向上と,また事務作業時間の削減につながりました。
 さらに,模範解答も含めて書体を整えた形でPDF原稿を作成していただけるため,同一フォーマットによるプリント演習(塾名も入るためオリジナル教材とも言えますが)が可能になりました。
 KAWASEMI Liteの一番の長所は,反復問題演習(類題演習)にあると私どもは考えております。特に,「数値だけを変えた問題」や「同じ思考プロセスを踏む問題」を作成するときに効果覿面です。操作に慣れてくれば,かかる時間も10分未満で驚きです。こんなに業務効率を支えてくれる教務支援システムは,他にはお目にかかったことがありません。
 今後の私どものビジョンとしては,このKAWASEMI Liteを使いこなせる講師の育成と,さらなる高品質な授業を提供することで,未来を担う子供たちの育成に少しでも貢献することです。まずは,今通って頂けている高校受験生の皆さまにとっての桜咲く日を信じて,教務活動に邁進していく所存です。それに向けてKAWASEMI Liteを今後ともフル活用したいと考えております。

様々な使い方で生徒に合わせたプリント作成

個別指導塾Basic 石田 雅彦 様


 私は、2015年に吹田市に開講しました小・中学生対象の個別指導塾 Basicで塾長をしている石田です。
 当時プリント教材を探していたところKAWASEMI Liteの存在を知り、2016年9月に導入しました。問題数が豊富で自分の問題集を作成できることが魅力的と考えたからです。入試問題のデータベースであるため、その扱い方をどうするかが気になっていましたが、試験的に使用したところ、基本問題から発展問題まであり、十分対応できると判断しました。
 授業で行っている小テストは、計算問題を中心に実施しています。以前は、問題集などを参考に問題を作成していましたが、今ではKAWASEMI Liteで作成しています。基本的な演習問題を中心に選択し、短時間かつ簡単に作成でき作業の効率化がはかれています。確認テストでも、単元が終わるごとに単元テストとして活用しています。そこではいろいろな種類の問題をやらせてみたり、またできない所は同じパターンの問題を選んで演習をさせたりして学習の定着をはかっています。授業は、テキストを中心に行っていますが、練習不足などで生徒が十分理解できなかった単元があった場合は、KAWASEMI Liteで作成した類似問題プリントをやらせ、その後にテキストに戻ることで理解力の向上もはかっています。
 生徒からの感想では、プリントは好きで取り組み易く集中できるようです。授業中の集中力持続のアクセントとしても効果が大きいと感じています。当初は、問題の出題学校名を載せて生徒のモチベーションを上げようとしていましたが、中学1年生、2年生では、入試問題は難しいという先入観が強く生徒が嫌がるように感じたので現在は載せていません。3年生はあえて出題学校名を入れて受験生としての意識を高めています。
 プリント作成にあたっては、問題の順番を考えたり、同様の問題でもどちらが良いかを吟味したり、空白行の大きさを考えたりが大変ですが、気が付けば長時間作業していることもあります。ある意味で楽しんでいます。現在、入試用に100題程度の精選問題集の計画・作成中です。KAWASEMI Liteでは、難易度別に選択機能があり、これを使って合否に差が出る正答率50%程度の問題を中心に演習問題の選択を考えています。
 KAWASEMI Liteの操作は非常に容易で、短時間で問題プリントを作成できるようになります。また、作成問題数に上限がなく使い放題であり、問題の品質としてもユーザーとしては安心して使用できます。一度作成すると再使用でき、効率的です。その他、プリントには塾のロゴを入れることもできオリジナル感を出すことができます。KAWASEMI Liteは、入試問題をデータベース化した非常にシンプルなシステムです。それゆえ様々な使い方ができる学習用ツールであり、今後も教材として活用していきたいと考えております。

料金プラン

※1教室(教場・校舎)あたり・税別

A〜Cの3コース個別または組み合わせ
お選びいただけます。
【C】コースについては、サービス提供後お申し込みいただけます。
2コース以上利用で料金を割引
  • 1コース利用
  • 2コース利用
  • 3コース利用

◎複数教室でご使用の場合はご相談ください。

  • ※料金のお支払いは、一括前払いとなります。
  • ※すべて6ヶ月または1年単位でのご契約となります。
無料体験版はこちらから

お問い合わせ

  • Webからのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ
無料体験版はこちらから

完全オリジナルテキストを作るなら…

赤本で作るオリジナルテキスト

KAWASEMIの詳しい内容はこちら