つじもと個別×プリント教材作成システム「KAWASEMI Lite」
つじもと個別 辻本 学
〒602-8205
京都市上京区白水丸町449-1 中立売不動ビル2F
TEL:075-415-7515

受験対策、定期テスト対策、特別講座など、状況に合わせた活用

京都府京都市で小1~高3までを対象にした個別指導塾のつじもと個別の辻本学です。
当塾の形態は、講師1名に対して最高2名までの子どもたちの指導です。当塾は2014年に開校しておりますが、その開校年度の2014年夏から「KAWASEMI Lite」を活用しています。「KAWASEMI Lite」に収録されている問題は入試問題(過去問)ですが、受験対策を行う時期(一般的に12月~3月)以外でも当塾では活用しております。高校受験生が多い塾でして、主に中学生を対象に活用しております。

活用目的は大きく以下の4点です。

  • 入試対策
  • 特別講座(受験対策・受験準備)
  • 定期テスト対策
  • 入試問題研究

入試対策

使用目的 入試対策の類題として活用
使用時期 12月~3月
対象学年 中3
使用教科 英語、数学、理科、社会
使用例
  • ・英語:私立高校入試のパターン別問題の類題(整序問題、語形変化、同意文完成など)
  • ・数学:私立高校入試パターン別問題の類題、公立高校入試問題のパターン別の類題
作成時に気にかけていること
  • ・難易度
  • ・重複を避けること(=赤本にはない過年度問題を使用) ※2018年度の過去問の場合、赤本収録は2013~2017年度の入試問題となるので、2012年度の問題を主に使用するということです。
  • ・別の高校のものを使用すること
  • ・なるべく同じパターンの問題にすること

POINT

一般的には赤本を解き、わからないところなどの解説をすると思います。解説をすることで、指導する側が「わからせたつもり」になったり、指導される子どもが「わかったつもり」になってしまうとよくありません。そこで類題として同じような問題を解かせ、自信をつけさせたり、同じパターンの類題を何問もさせることで問題に慣れさせ、入試当日に出題されても臆せずに取り組めるようになってもらうことを意図しています。

特別講座(受験対策・受験準備)

年度によりますが、英語、理科、社会を中3受験生の特別講座(集団形式)として過去に使用しておりました。
※主な使用時期:年度によって変わりますが、過去には以下の時期に実施しております。

使用目的
  • 1.今やっていることが受験で出るんだと認識させることによって目の前の学習に集中してもらうため。
  • 2.今やっていることができれば入試問題も解けるんだと自信を持たせるため。
  • 3.既習単元の復習が重要だと気づいてもらうため。
使用時期 中2…1月~3月、中3…4月~7月、夏期講習、9月~11月、冬期講習、1月~3月
対象学年 中2、中3
使用教科 英語、理科、社会、漢字(今後は古文も活用予定)
使用例
  • ・夏期講習期間:中3…暗記特訓の仕上げ問題
  • ・冬期講習期間:中3…受験校別に必要な学習単元の類題演習
  • ・中3の9月~11月:受験対策講座
  • ・中3の1月~3月:受験対策講座
作成時に気にかけていること
  • ・なるべく同じパターンの問題にすること
  • ・難易度順に構成すること
  • ・使用年度(特別講座の実施時期によって異なる)

定期テスト対策

使用目的 一部生徒のテスト対策の最後の仕上げ
使用時期 定期テスト時期(5月、6月、9月、10月、11月、2月)
対象学年 中1~中3
使用教科 数学、社会、理科

POINT

当塾の地元には定期テストの難易度が高い中学校があり、準拠ワークだけでは対策ができない場合があります。そこで、学校のワーク・教科書レベルの問題ができている子に教材を作成して取り組ませています。

入試問題研究

使用目的 入試問題研究、講師の勉強会のネタ
使用時期 随時
使用教科 英語、数学、理科、社会

POINT

入試対策~定期テスト対策の内容の結果として入試問題研究になります。講師研修の模擬授業用に使用する場合もあります。

Webで簡単、スピーディー!プリント教材作り放題

30日間の無料体験を試す 本申し込みはこちらkeyboard_arrow_right

KAWASEMI Lite活用法

KAWASEMI Liteが塾運営にどのように活用されているかをご紹介